【ゴールデンウィーク 渋滞予想】10km以上は前年比104回増の432回 高速道路

NEXCO 3社およびJB本四高速、日本道路交通情報センターは、ゴールデンウィーク期間(4月26日~5月6日)11日間の高速道路での交通集中による渋滞予測をまとめた。

自動車 社会 社会
NEXCO 3社およびJB本四高速、日本道路交通情報センターは、ゴールデンウィーク期間(4月26日~5月6日)11日間の高速道路での交通集中による渋滞予測をまとめた。

今年のゴールデンウィークは下り線で5月3日が、上り線では5月4日~5日に渋滞が多発すると予測。10km以上の渋滞予測回数は、下り線が5月3日の37回がトップ、2位は4月28日の29回で、期間中の合計は昨年実績比47回増の187回。上り線のトップは5月4日および5日の43回、3位は3日の31回で、合計は同104回増の245回。下りと上りの合計は、前年比104回増の432回と大幅増となる見込み。

最も長く渋滞すると予測されているのが、5月3日8時頃の東北道(下り線)羽生PA付近、5日17時頃の東北道(上り線)加須IC付近、4月27日および28日6時頃の中央道(下り線)相模湖IC付近で、いずれも40km。

高速道路各社では、予測される渋滞発生の時間帯を避けたり、比較的渋滞発生の少ない夜間から早朝にかけたドライブ計画を利用者に呼びかけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集