トヨタ スープラ 新型、オーストリア工場でラインオフ

GRスープラ量産第1号車
  • GRスープラ量産第1号車
  • GRスープラ開発関係者(マグナ・シュタイヤー グラーツ工場にて)

トヨタ自動車は、今春国内発売を予定している新型『GRスープラ』が3月初旬、オーストリアのマグナ・シュタイヤー社グラーツ工場でラインオフしたと発表した。

新型スープラの量産第1号車の車両識別番号(VINナンバー)は、スープラのモデルイヤー「2020」と量産第1号車を示す「1」を合わせた「20201」。エンジンカバーには豊田章男社長の直筆サインが入っている。エクステリアはマットグレーの外装色に赤いドアミラーカバー、ツヤ消しブラックのホイールを採用。インテリアは赤革シートで、ダッシュボードにカーボン装飾を施している。この量産第1号車は、1月19日に米国アリゾナ州で開催された名車オークションに出品され、210万ドル(約2億3000万円)で落札。収益金は全額、アメリカ心臓協会などに寄付される予定だ。

スープラの開発責任者、多田哲哉チーフエンジニアは、「この日を迎えることができ、関係者のみなさまに心より感謝申し上げます。パートナーシップには様々な形があります。BMWとの協業での取り組みは両社にとって新しい経験でしたが、みなさんの熱意と強い志によって成果を形にすることができました。おかげさまでスープラは、非常にエキサイティングなクルマになったと自負しております」とコメントしている。

トヨタ スープラに関するニュースまとめ一覧

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集