『SL銀河』が東北本線を初めて走行…JR東日本盛岡支社が沿線で手旗を振る呼びかけ 4月6・7日

東北本線では初の運行となる『SL銀河』。
  • 東北本線では初の運行となる『SL銀河』。
  • 東北本線走行時に掲出される「いわて幸せ大作戦!!」のヘッドマーク。

JR東日本盛岡支社は3月18日、釜石線で運行されているC58形蒸気機関車239号機(C58 239)けん引のSL列車『SL銀河』を、4月6・7日に東北本線で運行すると発表した。同線での運行は初めて。

これは3月21日から展開されている岩手県観光キャンペーン「いわて幸せ大作戦!!~美食・絶景・イベント『黄金の國、いわて。』」にちなんだもので、盛岡~一ノ関間で運行する。

時刻は4月6日が盛岡9時40分発~北上11時39分着・13時32分発~一ノ関14時58分着、4月7日が一ノ関10時25分発~北上12時02分着・13時44分発~盛岡15時28分着。

当日は、「いわて幸せ大作戦!!」のロゴをモチーフにしたヘッドマークを掲出。盛岡・北上・一ノ関の各駅では各種のおもてなしが行なわれる。

JR東日本盛岡支社では「SL銀河『手を振ろう』大作戦」としてウェブサイトに手旗の画像を掲載しており、これを印刷して『SL銀河』へ振ってもらえるよう協力を呼びかけている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集