ケンウッド彩速ナビ、HDパネル搭載のタイプMシリーズに7V型モデル追加へ

ケンウッド MDV-M906HDW
  • ケンウッド MDV-M906HDW
  • ケンウッド MDV-M906HD

ケンウッドは、7V型HDパネル(1280×720)を搭載するタイプMシリーズの新製品「MDV-M906HDW(200mmワイド)」「MDV-M906HD(180mmスタンダード)」を4月上旬より発売する。

ケンウッドは今年3月、タイプMシリーズの新モデルとして、彩速ナビ初となる高精細HDパネル(1280×720)を搭載した大画面9V型の高画質モデル「MDV-M906HDL」を発売。今回、より汎用性の高い2DINタイプの7V型モデルにもHDモデルを投入し、ラインアップを拡充する。

新モデルは、高精細HDパネルを搭載し、従来のWVGAパネル比約2.4倍の高解像度化を実現。大きなジャギーがなくなり、くっきりとしたシャープな映像表現を可能にする。また、発色も増し、画像の色合いがハッキリするため緻密で立体的な映像を実現。地デジや地図だけでなく、操作画面でもこれまでにない緻密で滑らかな高精細映像を体感できる。

また、広視野角HDパネルの採用により、従来モデル比で約1.3倍広い、上下左右170°のワイドな視野角を実現。色やコントラストの変化が少ないため、運転席・助手席のどちらから見ても色反転がなく、鮮明で美しい映像を楽しめる。

新モデルも9V型モデル同様、新開発のユーザーインターフェース「オーガニックGUI」を搭載する。高解像度の画面に緻密な情報を分かりやすく、グラフィカルに表示し、安心・安全・快適性に加え、エンターテインメント性も追求。ドライバーに必要な情報が一目で確認できるホーム画面をはじめ、リアルタイムの走行情報を自動で表示するインフォ画面、多彩な走行情報で安心・安全をサポートするドライブメッセージ画面といった運転中に必要な情報表示から、多彩なソースを高画質に再現、演出するAV画面などの映像情報まで、緻密でクリアな画面を表示するとともに、流れるような操作感を実現している。

そのほか、HD対応のリアビューカメラ(オプション)を装着することで、後方確認の映像もHD画質で鮮明に映すことができる。

価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集