メルセデスベンツ SL に熟成の「グランドエディション」…ジュネーブモーターショー2019で公開予定

メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション
  • メルセデスベンツSLグランドエディション

メルセデスベンツは、スイスで3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2019において、メルセデスベンツ『SL』(Mercedes-Benz SL)の「グランドエディション」を初公開すると発表した。

グランドエディションのボディカラーは、ブラック、ブリリアントホワイトなど、4色から選択できる。フロントバンパーには、マットシルバーとハイグロスクロームがアクセントとして添えられる。

AMGの10本スポークアルミホイールは、フロントが19インチ、リアが20インチ。アルミホイールは光沢ブラックで塗装され、リムとスポークは光沢仕上げとした。サスペンションは10mmローダウンされている。

室内には、ブラウンパールレザーを採用。マルチファンクションのスポーツステアリングホイールは、ステアリングコントロールリムを、ツンドラブラウンパールレザーでデザインした。グリップ部分は、ブラックのナッパレザー仕上げだ。


冬季のオープン走行時、首周りに温風を吹き付ける「AIRSCARF」を採用。「ドライビング・アシスタンス・プラス」や「アクティブパーキングアシスト」など、最新の先進運転支援システム(ADAS)が搭載されている。

現行SLは6世代目モデルで、2012年1月、デトロイトモーターショー2012で初公開された。すでに、デビューから7年が経過した現行SLにとって、グランドエディションは熟成のモデルといえそうだ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集