フォルクスワーゲンの次世代EV『ID.』、CO2排出量削減は年間100万トン超

フォルクスワーゲンの次世代EV、I.Dファミリー
  • フォルクスワーゲンの次世代EV、I.Dファミリー
  • ID. バズ・コンセプト
  • ID. コンセプト
  • ID. クロス・コンセプト

フォルクスワーゲンは2月18日、2020年から発売予定の次世代EVの『ID.』(Volkswagen ID.)ファミリーが、年間100万トン以上のCO2排出量削減効果を生むとの見通しを発表した。

フォルクスワーゲンが電動化攻勢の中心に据えるのが、「ID.」ファミリーだ。最初の市販モデルとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVのID.を2020年に発売する予定。これに続いて、SUVセグメントには『ID. CROZZ』を投入する計画で、さらにMPVの『ID. BUZZ』を順次、発売する。

ID.には、「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)車台を使用。モーターがギアボックスとともにリアアクスルに組み込まれ、バッテリーが他のコンポーネントと共に車両のフロア下に効率よく搭載される。モーターからリアアクスルへのパワーの伝達は、1速ギアボックスを介して行われる。WLTP基準による航続は、330~550km。出力125kWhの急速充電システムを利用すると、30分以内にバッテリー容量の80%を充電できる。

フォルクスワーゲンはこのID.ファミリーが、年間100万トン以上のCO2排出量削減効果を生むとの見通しを発表した。フォルクスワーゲンによると、バッテリーの製造から車両の組み立て、ユーザーに納車後、そして廃車後のリサイクルまで、すべての段階でCO2ニュートラルを追求するという。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集