暴走族グループ数が4年で半減、人数は横ばい 2018年

警察庁
  • 警察庁

暴走族グループは減少している一方で人数は増加していることが警察庁の「暴走族などの実態及び検挙状況」調査で明らかになった。

2018年の暴走族のグループ数は前年より37グループ減って146グループだった。2014年の298グループからほぼ半減した。人員は前年比66人増の6286人と増加し、4年前の6830人から大きく変わっていない。

集団暴走の回数は39回マイナスの2460回、延べ参加人数は3009人マイナスの1万8927人、延べ参加台数が2168台マイナスの1万4135台だった。

検挙人数は道路交通法違反が1735人マイナスの7462人、このうち共同危険行為が156人マイナスの713人。逮捕者は152人減の380人。道路運送車両法違反は14人増の146人だった。騒音関係の違反では、騒音運転が111人、近接排気騒音にかかる整備不良が323人、消音器不備が795人だった。

また、違法行為を行う旧車會の実態及び検挙状況によると、グループ数は44グループ減って523グループ、人員が422人マイナスの5882人だった。検挙人数は道路交通法違反が191人マイナスの859人、道路運送車両法が14人マイナスの13人だった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集