東海道本線の新駅は「御厨」…九州にも同名 2020年春開業予定

御厨駅のイメージ。駅舎は橋上式で、構内は2面2線。自由通路は東海道新幹線と東海道本線を跨ぐ位置に架かる。
  • 御厨駅のイメージ。駅舎は橋上式で、構内は2面2線。自由通路は東海道新幹線と東海道本線を跨ぐ位置に架かる。
  • 御厨駅の位置。
  • 御厨駅の駅名標イメージ。3月以降に付けられる駅ナンバリングは「CA30」となる。

JR東海は2月6日、2020年春に東海道本線袋井~磐田間に設置する新駅の名称を「御厨(みくりや)」に決定したと発表した。

この駅は、1987年に地域住民から磐田市に対して設置の請願が出され、以来、土地区画整理事業が進められてきたが、2014年4月にはJR東海との間で新駅設置の基本協定書が締結されていた。

所在地は静岡県磐田市鎌田地内で、袋井駅から磐田方へ4.6km、磐田駅から袋井方へ3.2kmの距離に位置する。

なお、九州の有田駅(佐賀県有田町)と佐世保駅(長崎県佐世保市)を結ぶ松浦鉄道西九州線にも、長崎県松浦市内に同名の駅が存在する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集