スズキ、増収でも営業利益1.3%減…新興国通貨安などが影響 2018年4-12月期決算

スズキは2月5日、2018年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。四輪車販売は好調だったが、新興国通貨安などで営業利益は前年同期比1.3%減となった。

売上高は同4.2%増の2兆8388億円。営業利益は、インドルピーをはじめとする新興国通貨安の影響に加え、販売費用増加の影響等により同1.3%減の2565億円となった。経常利益は受取利息増加などもあり同7.6%増の3061億円、四半期純利益は同10.0%増の1808億円となった。

四輪車事業は、海外売上高が新興国通貨安の影響等により前年同期を下回ったが、国内売上高が『スペーシア』『クロスビー』の販売貢献等により前年同期を上回ったことでカバー。四輪車事業の売上高は同4.3%増の2兆5966億円となった。営業利益は新興国通貨安に加え販売費用増加等により、同1.7%減の2441億円となった。

二輪車事業は、売上高が同0.7%増の1822億円。営業利益は前年同期に比べ15億円減少し、1億円となった。

マリン事業他については、売上高は大型船外機「DF350A」の北米を中心とした販売貢献等により同10.5%増の600億円。営業利益は北米での損益改善等により同23.7%増の123億円となった。

通期業績予想は、売上高3兆8000億円(前期比1.1%増)、営業利益3500億円(同6.5%減)、経常利益3900億円(同1.9%増)、純利益2200億円(同2.0%増)とした前回予測を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自動車の営業益31.7%増、V字回復に向け順調 2018年4-12月期決算 画像 三菱自動車の営業益31.7%増、V字回復に向け順調 2018年4-12月期決算
  • ホンダの最終益34.5%減、前年の米国税制改革が影響 2018年4-12月期決算 画像 ホンダの最終益34.5%減、前年の米国税制改革が影響 2018年4-12月期決算
  • 日野自動車、販売好調も為替差損益悪化で最終益は3.5%減  2018年4-12月期決算 画像 日野自動車、販売好調も為替差損益悪化で最終益は3.5%減  2018年4-12月期決算
  • パナソニック、車載電池が大きく伸長するも中国の景気減速で通期見通しを下方修正 画像 パナソニック、車載電池が大きく伸長するも中国の景気減速で通期見通しを下方修正

特集

おすすめのニュース