公共交通事業者がバリアフリー計画を策定するためのマニュアル  国交省が作成へ

公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画検討委員会のメンバー
  • 公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画検討委員会のメンバー

国土交通省は2月1日、公共交通事業者がハード・ソフト両面のバリアフリー計画を策定するのに参考となるマニュアルを作成すると発表した。

2018年5月にバリアフリー法が改正され、公共交通事業者がハード・ソフト両面からバリアフリーを推進するための計画を作成・公表する制度が創設された。国土交通省では、公共交通事業者がバリアフリー化計画を策定・実行することを支援するため、計画策定に必要な項目・留意点・好事例をまとめたマニュアルを作成する。

マニュアルを検討するため、「公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画検討委員会」を新設して2月5日に初会合を開く。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「第12回バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を決定 国交省 画像 「第12回バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を決定 国交省
  • 貸切バスにも福祉車両の導入基準を導入、バリアフリー法を改正へ 画像 貸切バスにも福祉車両の導入基準を導入、バリアフリー法を改正へ
  • 専用アプリで最新のバリアフリー情報を収集、実証実験を実施へ 画像 専用アプリで最新のバリアフリー情報を収集、実証実験を実施へ
  • 車いす利用時の作業を3分に短縮、トヨタ JPN TAXI 改良車を3月に発売へ…既存車にも部品配布 画像 車いす利用時の作業を3分に短縮、トヨタ JPN TAXI 改良車を3月に発売へ…既存車にも部品配布

特集