ベントレー ベンテイガ に日本限定10台の特別仕様…インテリアに“寄木細工”あしらい

ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan
  • ベントレー ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan

ベントレーモーターズジャパンは31日、英国ベントレーのラグジュアリーSUV『ベンテイガ』に日本限定特別仕様車『ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan』を設定、限定10台を販売すると発表した。

ハンドメイドにこだわるベントレーのパーソナルコミッショニング部門「マリナー」が手がけた、極上のビスポークモデルだ。

エクステリアカラーは専用色。ベージュやパールのようにも見える上品なメタリックカラーは「ポーセリン」と名付けられている。光の加減や走行シーンによって、さまざまな表情を見せそうだ。

このほかにも22インチのマリナーパラゴンホイール、ブライトクロムマトリックスグリル、ユニオンフラッグバッチなど、英国クラフトマンシップを象徴するアイテムを散りばめた。また、ドアを開けるとマリナー(Mulliner)の文字が入ったLEDウェルカムランプが地面を照らす。

インテリアはメインハイドに明るいホワイトの「リネン」、セカンダリーハイドに「インペリアルブルー」を採用。差し色に「キャメル」を加えることで明るく、かつ繊細なコントラストを作り上げている。

この特別仕様車で初めて採用されたウッド「ブラック・ダイド・マドローナ」には、日本の伝統工芸である寄木細工からインスパイアした幾何学模様が埋め込まれる。このデザインには3か月を要したというこだわりようだ。

特別仕様車の価格は3086万円(税込)。デリバリーは2019年2月以降の予定。

《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集