九州新幹線で『いだてん』のラッピング…大河ドラマは2年続けて 2月7日出発式

金栗四三役の中村勘九郎さん、田畑政治役の阿部サダオさんと『いだてん』のタイトルがラッピングされた1号車のデザイン。このほか、春野スヤ役の綾瀬はるかさん、三島弥彦役の生田斗真さん、古今亭志ん生役のビートたけしさん、嘉納治五郎役の役所広司さんといった号車ごとに異なる登場人物がデザインされる。
  • 金栗四三役の中村勘九郎さん、田畑政治役の阿部サダオさんと『いだてん』のタイトルがラッピングされた1号車のデザイン。このほか、春野スヤ役の綾瀬はるかさん、三島弥彦役の生田斗真さん、古今亭志ん生役のビートたけしさん、嘉納治五郎役の役所広司さんといった号車ごとに異なる登場人物がデザインされる。
  • ポスター
  • 金栗四三 (c) Getty Images

JR九州と熊本県は、2月7日から2019年のNHK大河ドラマ『いだてん』をPRするラッピング列車を九州新幹線で運行する。

ラッピングのモチーフとなる『いだてん 東京オリムピック噺』は、日本人初のオリンピック選手である金栗四三(かなくりしそう)、1964年の東京オリンピック誘致に尽力した元日本水泳連盟会長の田畑政治を通して、1912年に開催されたストックホルムオリンピックから、1964年に開催された東京オリンピックへ至るオリンピックの秘話を大河ドラマ化したもの。

2018年の『西郷(せご)どん』に続く九州新幹線の大河ドラマラッピング列車となるが、今回は、主人公のひとりである金栗四三が熊本出身であることが由来となっており、JR九州のSL列車『SL人吉』を使ったロケも行なわれていた。

ラッピングは800系1編成に施され、5月上旬まで博多~鹿児島中央間で運行される予定。なお、ラッピング列車の運行初日は、12時10分から12時30分まで博多駅11番のりばで出発式が開催される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集