ホンダ X-ADV、カラーリング変更へ ETC2.0車載器も標準装備

ホンダ X-ADV(マットアーマードグリーンメタリック)
  • ホンダ X-ADV(マットアーマードグリーンメタリック)
  • ホンダ X-ADV(マットビュレットシルバー)
  • ホンダ X-ADV(グランプリレッド)
  • ホンダ X-ADV(マットアーマードグリーンメタリック)

ホンダは、大型アドベンチャーモデル『X-ADV』のカラーリングを変更するとともに、ETC2.0車載器を標準装備し2月21日より発売する。

X-ADVは、トルクコントロール介入レベルを選択できる「ホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」や、アクセル操作に対する駆動力変化をダイレクトに後輪へ伝達する「Gスイッチ」を採用。アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で両立するモデルとして好評を博している。

今回のカラーリング変更では、金属調で硬質なマットビュレットシルバーや、スポーティーなイメージを強調する鮮やかなグランプリレッド、アドベンチャーイメージを演出するカムフラージュ柄を採用したマットアーマードグリーンメタリックの全3色を新たに設定。また、従来から標準装備されているETC車載器をETC2.0車載器へバージョンアップしている。

価格はシルバーが124万0920円、レッドおよびグリーンが127万3320円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダのクルーザーモデル、レブル250/500がカラーリング変更へ 画像 ホンダのクルーザーモデル、レブル250/500がカラーリング変更へ
  • ヤマハ「SR400」が10代・20代の若者にもヒット、40年愛され続ける理由とは 画像 ヤマハ「SR400」が10代・20代の若者にもヒット、40年愛され続ける理由とは
  • カワサキ Ninja 650、Ninja 650 KRTエディション および Z650 の2019年モデル発売へ 画像 カワサキ Ninja 650、Ninja 650 KRTエディション および Z650 の2019年モデル発売へ
  • カワサキ Ninja H2 SXシリーズ、先進装備充実の最上位モデル発売へ 画像 カワサキ Ninja H2 SXシリーズ、先進装備充実の最上位モデル発売へ

特集