PSAグループ、全車電動化に向けてパワートレインセンターを開設

PSAグループがフランスに開設したパワートレインセンター
  • PSAグループがフランスに開設したパワートレインセンター

PSAグループ(PSA Group)は1月18日、パワートレインセンターをフランスに開設した、と発表した。

PSAグループは、プジョー、シトロエン、DS、オペル、ボクソールの5ブランドの全車電動化を、2025年までに実現する計画だ。今回のパワートレインセンター開設は、PSAグループの全車電動化計画に沿うものとなる。

このパワートレインセンターの建設には、総額3200万ユーロが投資された。電動モーターの設計、開発、生産、販売を手がけるPSAグループの合弁会社、「Nidec-PSA emotors」社と協力しながら、電動化の課題に取り組んでいく。

パワートレインセンターには、1300人の従業員が働く。およそ80基のテスト装置を備え、車両、パワートレイン、モーターなどの性能を評価する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集