サーブの親会社NEVS、新型EVの開発資金獲得…中国企業の傘下入りを発表

サーブ9-3ベースのEV、NEVS 9-3エレクトリック
  • サーブ9-3ベースのEV、NEVS 9-3エレクトリック

サーブブランドを傘下に持つナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)社は1月15日、同社の株式の51%を中国のエバーグランデ(Evergrande)グループが取得し、同グループの傘下に入ると発表した。

NEVS社は中国の天津市に自動車工場を建設し、2017年12月から、サーブ『9-3』ベースのEV、NEVS『9-3エレクトリック』の生産を開始した。現在はスウェーデンのトロールハッタン工場に加えて、中国の上海市にも新工場を建設している。

NEVS社では、将来に向けて新型EVやソリューションの開発を計画しており、多額の資金が必要だった。そこで同社は長い間、新たな投資家を探してきた。

今回、NEVS社の株式の51%を中国のエバーグランデグループが取得し、NEVSは同グループの傘下に入ることが決定した。エバーグランデグループは、観光や不動産、健康、ハイテク産業などを手がけ、「Fortune Global 500」リストにも選ばれている。米国のEVメーカー、テスラのライバルといわれるファラデー・フューチャー社にも出資していたことで知られる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集