『SL大樹』の客車に元JR北海道の14系を導入…ミニラウンジ付きの「ドリームカー」 4月13日から

東武の『SL大樹』に導入されることになった元JR北海道のオハ14 505。『SL大樹』では既存の元JR四国車に連結されるため、同じ14系でもドアが折戸のタイプと引戸のタイプのものが混在する珍しい編成となる。写真は急行『はまなす』ラストラン時のもの。
  • 東武の『SL大樹』に導入されることになった元JR北海道のオハ14 505。『SL大樹』では既存の元JR四国車に連結されるため、同じ14系でもドアが折戸のタイプと引戸のタイプのものが混在する珍しい編成となる。写真は急行『はまなす』ラストラン時のもの。

東武鉄道(東武)は1月11日、東武鬼怒川線で運行している『SL大樹』に、4月13日から元JR北海道の14系客車(オハ14 505)を連結すると発表した。

『SL大樹』では、2017年8月の運行開始時から元JR四国の14系客車を使用している。新たに導入されるオハ14 505は、JR北海道時代は「ドリームカー」と呼ばれ、2016年3月まで青森~札幌間で運行されていたJR最後の定期急行『はまなす』に指定席車として連結されていた。

座席は、元JR四国車が簡易リクライニングシートであるのに対して、オハ14 505はキハ183系特急型気動車のグリーン車(キロ182形)で使用していたフルリクライニングシートが転用されており、デッキ部分にはミニラウンジも設置されている。

オハ14 505は、年間運行日の約40日間、3両の14系客車の中間に連結される予定で、2019年は4・6・9月の土日曜を中心に延べ24日間連結するとしている。なお「ドリームカー」を利用しても、従来の座席指定料金は変わらない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集