パナソニック、ハーレー初の電動バイク向けコネクト開発…CES 2019 で発表へ

ハーレーダビットソン初の電動バイク、ライブワイヤー
  • ハーレーダビットソン初の電動バイク、ライブワイヤー
  • ハーレーダビットソン初の電動バイク、ライブワイヤー(CES 2019) (c) Getty Images
  • ハーレーダビットソン初の電動バイク、ライブワイヤー(CES 2019) (c) Getty Images

パナソニック(Panasonic)の米国部門は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、ハーレーダビットソンの電動バイク向けコネクテッドサービスを初公開すると発表した。

ハーレーダビットソン初の電動バイクが、『ライブワイヤー』(LiveWire)だ。パナソニックはこのライブワイヤー向けに、各種コネクテッドサービスを提供する。パナソニックの通信ユニットとクラウドサービスを活用したシステムソリューションが、ライブワイヤーに搭載される。

具体的には、バッテリーの残量レベルと航続、充電完了までの時間などの情報が、スマートフォンのアプリを通じて遠隔で確認できる。充電ステーションの位置情報もアプリに表示できる。また、駐車中のライブワイヤーの位置を表示し、自転車がぶつかったり、移動させされたりした場合、警告をライダーのスマートフォンに送信する。

さらに、GPS対応の盗難車追跡によって、オートバイの位置を追跡できる。また、サービスのリマインダーとして、メンテナンス時期などの情報を、ライダーのスマホアプリに表示する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集