マツダ米国販売3.7%増の30万台、CX-5 効果で3年ぶりに増加 2018年

マツダCX-5
  • マツダCX-5
  • マツダCX-9
  • マツダCX-3
  • マツダ6
  • マツダ・ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • マツダ3(アクセラ)

マツダ(Mazda)の米国法人、北米マツダは2018年の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は30万0325台で、前年比は3.7%増と3年ぶりに前年実績を上回った。

最量販車となったのは、SUVの『CX-5』だ。2018年は、米国で年間15万0622台を売り上げ、前年比は18.1%増とプラスを維持した。一方、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)は、7.4%減の3万0938台と、3年連続で減少した。

『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)は、6万4638台にとどまり、前年比は13.8%減と3年連続で前年実績を割り込む。最上級SUVの『CX-9』は、2万8257台を販売し、前年比は9.4%増とプラスに転じた。

一方、『MX-5ミアタ』(日本名:『ロードスター』)は、8971台にとどまった。前年比は20.6%減とマイナスに転じる。

小型クロスオーバー車の『CX-3』は2018年、1万6899台を販売した。前年比は3.3%増と、プラスに転じている。このCX-3を含めて、CX-5、CX-9のSUV3車種は2018年、19万5778台を売り上げ、前年比は15.3%増と2桁増を達成している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【トップインタビュー】「2019年は新世代商品元年として牽引」マツダ代表取締役社長兼CEO 丸本明 画像 【トップインタビュー】「2019年は新世代商品元年として牽引」マツダ代表取締役社長兼CEO 丸本明
  • マツダ丸本社長「近く新型SUVを量産」…マツダ3 の海外生産も 画像 マツダ丸本社長「近く新型SUVを量産」…マツダ3 の海外生産も
  • マツダ丸本社長「200万台は目標としない」…グローバル販売で体質強化優先 画像 マツダ丸本社長「200万台は目標としない」…グローバル販売で体質強化優先
  • 【マツダ 3/アクセラ 新型】モーターショープレイベントで世界初公開、最新技術を全部盛り 画像 【マツダ 3/アクセラ 新型】モーターショープレイベントで世界初公開、最新技術を全部盛り

特集