クラリオン、デモカー4台でスマートコックピットを紹介予定…東京オートサロン2019

クラリオン ブースイメージ
  • クラリオン ブースイメージ
  • クラリオンNXV987D
  • クラリオン Z2H
  • クラリオン Z3 フルデジタルサウンドプロセッサー(サウンドプロセッサー/ツィーター/コマンダー)

クラリオンは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に出展する。

ブースでは、搭乗体感可能なデモカーを展示。クラリオンが提案する「安心・安全な運転支援」「車内外のシームレスなつながり」「すべての搭乗者の心地よさの追求」を体現するスマートコックピットソリューションズを紹介する。

新型『デリカD:5』には、ディーラーオプションの10.1型クワッドビューナビゲーションを装着。「ナビゲーション」「オーディオ」「ツール」「アプリケーション」の4種類のコンテンツを1画面に同時表示するクワッドビューナビと、FDS(フルデジタルサウンド)システムに加え、開発中の体感音響システム「振動シート」を参考装備する。

スバル『レヴォーグ』では、ディーラーオプションのクワッドビューナビと専用FDSシステムSPIRITが操作・試聴可能。車種に合ったアレンジ技術による心地よさを提案する。

日産『ノート e-POWER NISMO』には、市販のクワッドビューナビ「NXV987D」とFDSをデジタル接続、さらにフルデジタルハイレゾツィーター「Z2H」を組み合わせたシステムを装着。EV・HV車に適した省電力かつ高音質なサウンドを試聴できる。

トライクベースのオリジナルカートには、360°全周囲俯瞰カメラシステム「サラウンドアイ」とクワッドビューナビ「NXV987D」を装着。大画面で安心・安全な運転支援技術のデモを披露する。

また、展示するクワッドビューナビゲーション機では、自宅に居ながら最終目的地まで一発ルート探索ができる「Door to Doorナビゲーション」機能を紹介。目的地周辺で車を駐車場に止めた後の徒歩ルートも表示し、車内外のシームレスなつながりを実現する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集