子どもに働いてほしい企業、2位にトヨタ自動車…就活生保護者アンケート

 就活生の保護者が子どもに働いてほしい企業は、1位「公務員」、2位「トヨタ自動車」、3位「NTT」であることが、マイナビの調査により明らかになった。子どもに働いてほしい業界は、1位「官公庁・公社・団体」、2位「医療・調剤薬局」、3位「総合商社」であった。

自動車 社会 社会
 就活生の保護者が子どもに働いてほしい企業は、1位「公務員」、2位「トヨタ自動車」、3位「NTT」であることが、マイナビの調査により明らかになった。子どもに働いてほしい業界は、1位「官公庁・公社・団体」、2位「医療・調剤薬局」、3位「総合商社」であった。

 調査は、「大学4年/大学院2年で今年就職活動を終えた、もしくは現在活動中の子ども」、もしくは「2018年3月に大学/大学院を卒業/修了した就職活動経験のある子ども」を持つ保護者を対象に実施。父親516人、母親484人の計1,000名より回答を得た。調査期間は2018年11月21日~25日。

 子どもに働いてほしい業界は、1位「官公庁・公社・団体」、2位「医療・調剤薬局」、3位「総合商社」、4位「薬品・化粧品」「教育」。働いてほしい企業は、1位「公務員」、2位「トヨタ自動車」、3位「NTT」、4位「日本航空(JAL)」「パナソニック」であった。

 子どもの働き方については、「新卒で入社した会社で正社員として長く勤めてほしい」39.1%がもっとも多く、「子どもが決めたのならどんな働き方でもよい」36.1%が僅差で続いた。父親は「子どもが決めたのならどんな働き方でもよい」、母親は「新卒で入社した会社で正社員として長く勤めてほしい」が最多だった。

 入社してほしい企業の特徴は、約半数の保護者が「経営が安定している」と回答。「経営の安定」を重視する保護者が多く、“安定=公務員・大企業”というイメージがランキングに反映されている

 金銭的支援以外で子どもに行った就職支援は、「あまり気を遣わないような雰囲気や環境づくり」がもっとも多く、ついで「身だしなみを整える手伝い」「企業選びのアドバイス」だった。昨今、企業から保護者への子どもの入社承諾可否を確認する「オヤカク」が注目を集めているが、親は子どもの自主性を尊重して就職活動をサポートしているようすがうかがえた

 子どもの就職活動環境については、「楽な環境(多少+かなり)」が前年度比4ポイント増の38.5%。売り手市場が就活生の保護者にも浸透していた。

子どもに働いてほしい企業、2位は「トヨタ自動車」1位は?

《外岡紘代》

編集部おすすめのニュース

  • 経団連「就活ルール」撤廃、60年ぶりの大変革で政府主導へ[新聞ウォッチ] 画像 経団連「就活ルール」撤廃、60年ぶりの大変革で政府主導へ[新聞ウォッチ]
  • トヨタ世界販売、前年比2%増の1076万台に 2019年計画 画像 トヨタ世界販売、前年比2%増の1076万台に 2019年計画
  • 【トヨタ プリウス 改良新型】TRD、「アグレッシブ」と「エアロダイナミクス」の2スタイルを提案 画像 【トヨタ プリウス 改良新型】TRD、「アグレッシブ」と「エアロダイナミクス」の2スタイルを提案
  • 悲喜こもごもの中間決算---株安で足元揺らぐホンダ、7年先の成長戦略公表の日野自動車[新聞ウォッチ] 画像 悲喜こもごもの中間決算---株安で足元揺らぐホンダ、7年先の成長戦略公表の日野自動車[新聞ウォッチ]

特集