トヨタ世界販売、前年比2%増の1076万台に 2019年計画

トヨタ・カムリ TRD
  • トヨタ・カムリ TRD

トヨタ自動車(Toyota)は12月17日、2019年の世界新車販売計画を発表した。ダイハツと日野自動車を含めたグループ全体で、前年比2%増の1076万台を見込む。

トヨタの2017年の世界新車販売台数は、ダイハツと日野自動車を含めて1038万6000台で、前年比は2.1%増だった。全販売台数1038万6000台のうち、トヨタ自動車単体では、938万4000台を販売。前年比は1.7%増だった。

トヨタの2018年の世界新車販売実績の見込みは、ダイハツと日野自動車を含めて1055万台で、前年比は2%増となる。全販売台数1055万台のうち、トヨタ自動車単体では、950万台となる見通し。前年比は1%増となる。

トヨタの世界新車販売は、ここ数年、緩やかな成長を続けている。2019年の世界新車販売計画が実現すれば、3年連続で過去最高を達成することになる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集