豪雨や大地震でも自動車の通行を確保できる施策を検討へ 国交省

平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年北海道胆振東部地震(9月7日、札幌市清田区) (c) Getty Images
  • 道路の耐災害性強化に向けた有識者会議メンバー

国土交通省は、大災害時に道路の安全な通行を確保するため、地震や豪雨など、近年の大災害から得られた教訓と今後、実施する施策を検討する。

国土交通省では、災害時に生命線となる道路について、大災害となってもソフト・ハードの両面から、安全な通行を維持するため、平成30年7月豪雨や地震などの大災害から得た教訓と、今後、実施するべき施策を検討する。有識者会議「道路の耐災害性強化に向けた有識者会議」を設置し、具体的な検討に入る。

1回目は11月19日に開催する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 国交省、道路の質を向上する技術研究課題を公募…次世代ETCシステムなど 画像 国交省、道路の質を向上する技術研究課題を公募…次世代ETCシステムなど
  • 自動運転に対応した道路空間の基準を策定へ…長期間にわたる自動運転サービス実証 国交省 画像 自動運転に対応した道路空間の基準を策定へ…長期間にわたる自動運転サービス実証 国交省
  • 国土交通省、ICTを活用した道路交通調査方法を検討 画像 国土交通省、ICTを活用した道路交通調査方法を検討
  • 国土交通関係の2018年度補正予算3395億円、自然災害で被災した道路などを復旧 画像 国土交通関係の2018年度補正予算3395億円、自然災害で被災した道路などを復旧

特集