VW アルテオン、新グレードのエレガンス追加…3色から選べるインテリア

VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス
  • TSI 4MOTION Rライン

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンはフラッグシップモデル『アルテオン』に内装を3色から選べる新グレードTSI 4MOTION エレガンスを追加し、10月26日から販売を開始した。価格は599万円。

VWジャパン営業本部商品企画課の沢村武史プロダクトマネージャーは「アルテオンはスポーティーなデザイン、走行性能、先進機能、快適性を高いレベル融合させたグランドツーリングカーとして投入し、とくにお客様から一番評価を頂いているがデザイン」とする一方で、「やはり既存のRラインのアクの強さがテイストに合わないというお客様も結構いらっしゃる」と明かす。

その上で「アルテオン日本導入2年目を迎えるにあたり、お客様からの要望が強かったインテリアの多彩なバリエーション、そして優雅な佇まいを特徴とする新たなグレードを追加することにした」とラインアップ拡充の背景を語った。

新グレードのエレガンスは、Rラインと同様に2リットル直列4気筒インタークーラー付きターボエンジンに7速DSG、四輪駆動システムを採用しているが「デザインの変更がこのグレードのポイントとなる」という。

まず内装では「既存のRラインはレザーシートのカラーバリエーションがブラックのみだったが、エレガンスにはチタンブラック、ミストラルグレー、バレンシアブラウンの3色を用意。さらにデコラティブパネルにはエレガンスにふさわしい上質で深みのあるウッドパネルを採用し、インテリアの質感を向上させている」と沢村は解説。

さらに「本アルミのパネルと黒のインテリでスポーティーなRラインに対し、エレガンスはより温か味のある、よりラグジュアリーな方向性のデザインを採用している」とも。

一方、外装は「既存グレードではボディ同色のサイドミラーが、エレガンスではシルバーになっている。またボディサイドのエンブレムには『ELEGANCE』のレタリングが入っている。フロントバンパー、アルミホイールも専用デザインとすることで、優雅で洗練された雰囲気を醸し出している」とのことだ。

また今回のグレード追加に合わせて新たなオプションも設定された。デンマークのハイエンドオーディオメーカーであるディナウディオ製のプレミアムサウンドシステムに電動パノラマスライディングルーフを組み合わせたラグジュアリーパッケージで、価格は24万8400円。エレガンスとRラインアドバンスに適用される。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集