ホンダ NSX 2019年モデル受注開始、ダイナミクス性能を進化 2370万円

ホンダ NSX 新色 サーマルオレンジ・パール スタイリングイメージ
  • ホンダ NSX 新色 サーマルオレンジ・パール スタイリングイメージ
  • ホンダ NSX 新色 サーマルオレンジ・パール スタイリングイメージ
  • ホンダ NSX 新色 サーマルオレンジ・パール スタイリングイメージ
  • ホンダ NSX 新色 サーマルオレンジ・パール スタイリングイメージ
  • ホンダ NSX 走行イメージ(フロント)
  • ホンダ NSX 走行イメージ(リア)
  • ホンダ NSX コーナリング走行イメージ
  • ホンダ NSX 走行イメージ(リア)

ホンダは、スーパースポーツモデル『NSX』を改良、2019年モデルの購入申込みの受付を10月25日より開始。2019年5月に発売する。価格は2370万円。納期の見通しは約半年から1年。

今回の改良では、日常からサーキットでのスポーツ走行まで、あらゆるシーンでのコントロール性や、アクセル操作におけるドライバビリティー、路面との接地感のさらなる向上を目指し、ダイナミクス性能を進化。新開発の専用タイヤを採用するとともに、サスペンション各部を見直し、フロントスタビライザーを26%、リアスタビライザーを19%、リアコントロールアームブッシュを21%、リアハブを6%と、それぞれ剛性を高め、クルマとしての基本性能を向上させた。

合わせて走行シーンに応じて最適な車両特性を選択できる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の各モードの制御を最適化。アクティブダンパーシステム、VSA(横滑り防止装置)、EPS(電動パワーステアリング)の各制御や「SPORT HYBRID SH-AWD」の駆動配分制御を熟成。低中速域での切れの良いハンドリングと高速域での安定性を高次元で両立させ、限界走行域でも、コーナリング時の高いGでのコントロール性や車両安定性を追求している。

またデザイン面では、ワイド&ローなスタイリングをより際立たせるため、フロントグリルを、従来のシルバーからボディと同色に変更したほか、フロントとリアのメッシュパーツや、オプション設定の各種カーボンパーツを、従来のマット仕上げからグロス仕上げに変更。質感を向上し、シャープなたたずまいを強調した。ボディカラーは、新色「サーマルオレンジ・パール」を追加。またカーボンセラミックブレーキローター(オプション設定)にも、ブレーキキャリパーの新色としてオレンジを追加した。さらにインテリアでは、上質感ただよう新色「インディゴ」を追加したほか、レッドを、セミアニリンフルレザーパワーシート(オプション設定)でも選択可能とした。

そのほか、従来カーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ(オプション設定)の一部だったアルミ製スポーツペダル&フットレストを標準装備化した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集