カルソニックカンセイの親会社、マニエッティ・マレリを買収で合意…世界7位の独立系自動車部品メーカーが誕生

マニエッティ・マレリの製品(パワートレイン部品)
  • マニエッティ・マレリの製品(パワートレイン部品)
  • マニエッティ・マレリのコルベッタ工場(イタリア、ミラノ)
  • カルソニックカンセイがFCAからマニエッティ・マレリを買収

フィアット・クライスラー・オートモービル(FCA)は10月22日、自動車部品子会社のマニエッティ・マレリを、カルソニックカンセイの親会社であるCKホールディングスに売却すると発表した。

CKホールディングスは、買収後、「マニエッティ・マレリCKホールディングス」に社名を変更する。カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリを事業統合して、売上高は152億ユーロ(約2兆円)と、世界7位の独立系自動車部品メーカーが誕生する。

マニエッティ・マレリの買収価格は62億ユーロ(約8060億円)となる予定で、規制当局の承認や一般的な買収条件の充足を前提に2019年上半期中に買収手続きを完了する予定。

統合後の新会社は、規模、財務基盤、製品ライン、事業エリアを相互補完し、世界中の顧客に対してサービスを提供する体制を確立する。また、約200カ所以上の工場や研究開発センターを欧州、日本、米州、アジア太平洋地域に持つことになる。

統合後、新会社がFCAに複数年の部品供給契約を締結することで合意しており、これによりのイタリアでの事業と製造拠点は維持する。
カルソニックカンセイがFCAからマニエッティ・マレリを買収
統合後の新会社は、カルソニックカンセイのベダ・ボルゼニウスCEOが日本を拠点に経営にあたる予定。マニエッティ・マレリのエルマンノ・フェラーリーCEOは、マニエッティ・マレリCKホールディングスの取締役に就任する予定。

FCAのマイク・マンレーCEOは「今回の統合は、マニエッティ・マレリの戦略的な価値が認められたもので、価値を創造していくという、当社の不断の努力の成果」とコメント。カルソニックカンセイのボルゼニウスCEOは「両社にとっては拠点、製品ラインが補完されることとなり、両社の顧客にとっても新会社が人材やプロセス、革新的な新製品の開発に一層投資することで大変意義のある統合になる」としている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集