既存ホンダジェットのパフォーマンスを向上、パッケージを開発

APMGパフォーマンスパッケージを搭載したホンダジェット
  • APMGパフォーマンスパッケージを搭載したホンダジェット
  • インドの型式証明を取得したHACIメンバー

ホンダエアクラフトカンパニー(HACI)は、米国フロリダ州で開催されるビジネス航空ショー「ナショナル・ビジネス・アビエーション・アソシエーション(NBAA)2018」で、従来モデル「ホンダジェット」に適用可能な「APMGパフォーマンスパッケージ」を発表した。

APMGパフォーマンスパッケージは、購入後のホンダジェットの性能を向上させることを目的に、HACI内で編成した専門グループ「ホンダジェットAPMG」が開発した。装着することで機体の空力性能を改善して空気抵抗を低減、最大離陸重量を4808kgから4854kgへ増加できる。航続距離も平均185~222km延長可能で、ペイロードを45kg増やせる。

主翼、水平尾翼の空力性能の改善で、離陸距離を1199mから1064mへと短縮し、アクセス可能な空港数が増加。「ガーミンG3000アビオニクス」のソフトウェアをアップデートし、機体の操縦性や安全性の強化を目指した。

一方、HACIは、インド民間航空局から2018年9月に小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」と最新型「ホンダジェット・エリート」の型式証明を取得したことも発表した。インドでの型式証明取得は、アジア圏で初。米国、欧州、メキシコ、カナダ、ブラジル、アルゼンチン、パナマに続いて8ヵ国目。また、現在は中国と日本での型式証明を申請している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集