アウディ、レベル4の自動運転車を共同開発へ…ファーウェイと提携

アウディとファーウェイが提携しレベル4の自動運転車を共同開発すると発表
  • アウディとファーウェイが提携しレベル4の自動運転車を共同開発すると発表
  • アウディQ7ベースの自動運転の開発プロトタイプ車

アウディ(Audi)は10月11日、中国の大手通信機器メーカーで、スマートフォンなどを手がけるファーウェイ(HUAWEI)と提携し、レベル4の自動運転車を共同開発すると発表した。

アウディとファーウェイは2018年7月、ドイツ・ベルリンにおいて、インテリジェントなコネクテッドカーを共同開発する戦略提携に関する了解覚書に調印。今回の提携は、両社の戦略を一段と進展させたものになる。

アウディはSUVの『Q7』をベースにした自動運転の開発プロトタイプ車を製作。このQ7に、ファーウェイの「MDC」(モバイル・データ・センター)を搭載。都市部を中心に、自動運転車の走行テストを行う。

アウディは、高度に自動化された運転機能と未来志向の「V2I」(ビークル・ツー・インフラストラクチャー)通信をファーウェイと共同開発していく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集