ルノー メガーヌ R.S. 新型、オーナー対象の無料ドライビングレッスンを富士で開催 11月17日

新型メガーヌ R.S.
  • 新型メガーヌ R.S.

ルノー・ジャポンは、新型『メガーヌ R.S.』オーナーを対象とした「ドライビングアカデミー」を11月17日、富士スピードウェイ駐車場内特設コースで開催する。

新型メガーヌ R.S.は、モータースポーツへの挑戦で培ったノウハウと先進の技術を投入した、ルノーのフラッグシップスポーツモデル。パワートレーンは、最高出力279ps、最大トルク390Nmを発生する1.8リットル直噴ターボエンジンと、電子制御6速AT(6EDC)の組み合わせ。また、前後輪すべてを操舵させる4コントロールの採用により、コーナリング性能を飛躍的に向上させた。

新型メガーヌ R.S. ドライビングアカデミーでは、技術・機構について理解を深めるための座学(ビークルダイナミクス)、これらを駆使したドライビングを体験する実技(オーバルスクール)を通じて、新型メガーヌR.S.の性能を引き出しながら、安全にドライビングを楽しむためのスキルを身に着ける。講師はユイレーシングスクール代表のトム吉田氏が務める。

参加は無料。定員は15名。11月7日まで先着順にて申し込みを受け付けている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集