建物を透視? ホンダが安全技術の実証実験…スマートインターセクション

ホンダの「スマートインターセクション」テクノロジー
  • ホンダの「スマートインターセクション」テクノロジー
  • ホンダの「スマートインターセクション」テクノロジー
  • ホンダの「スマートインターセクション」テクノロジー
  • ホンダの「スマートインターセクション」テクノロジー
  • ホンダの「スマートインターセクション」テクノロジー

ホンダ(Honda)の米国部門、アメリカンホンダは10月4日、ドライバーに交差点の建物などを仮想的に透視して見せることで事故を減らす技術の実証実験を、オハイオ州メアリーズビル市で開始した、と発表した。

この技術は、「スマートインターセクション」テクノロジーと命名。ホンダ独自の物体認識ソフトウェアを交差点のカメラや「V2X」通信と組み合わせることにより、ドライバーは交差点で死角となる建物や壁などを仮想的に透視して見ることができるという。

交差点の各信号の上に設置された4台のカメラは、交差点の周囲の車両や歩行者を撮影。ホンダ独自の画像処理ソフトウェアは、歩行者、二輪車、緊急車両などの車両やその他の移動する物体を分類し、専用の近距離通信(DSRC)を使って、交差点付近の車両に交差点の360度映像を配信する。そして、ドライバーから見えない建物の向こうから、交差点に接近している歩行者などの存在を、ヘッドアップディスプレイに警告する。

アメリカンホンダによると、米国で1年間に起きるおよそ3万5000件の交通死亡事故のうち、約20%が交差点で発生しているという。アメリカンホンダはV2Xテクノロジーを交差点に導入することにより、交差点での交通事故を減らしていく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース