Tepui に PELICAN CASE、DJIのドローン…このブースは!? カートラジャパン2018

オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)
  • オートバックス(カートラジャパン2018)

DJIのドローンに Tepuiのルーフテント、さらに PELICAN CASE の各種ケース……扱う品が広すぎて迷うほど。どこが仕切ってるの? と思って正面のブランド名を見ると、あのオートバックス。「この展開はなに?」 思わず担当者に聞いてみた。

「じゃあ、順にいきましょう」と案内してくれたのは、オートバックスセブン ライフスタイル第二商品部 村越信彦部長。「まずこのTepuiのルーフテント。これ、オートバックスが初めて公開するルーフテントで、Rosy という会社を通して2019年3月からオートバックスで販売を始める予定。Rosy は、ストアブランド『JACK & MARIE』などともつながりがある」と村越部長。

TEPUI は、カリフォルニア州サンタクルーズ郊外に拠点を持つアウトドアプロダクトメーカー。国内で並ぶ TEPUI のラインナップは、EXPLORER、Ayer(2人用)、Kukenam(3人用)、Autana(3・4任用)などの予定。価格帯は10~40万円台。村越部長は「来年3月の本格販売をめざして、いま国内の安全規制などをクリアさせるべくチェックしてるところ」と話していた。

「次は DJI とコラボして販売しているドローン」。いまや、カー用品店がドローンを売る時代。「オートキャンプ用品や趣味性のある商品をそろえているオートバックスだから、ドローンも既存のユーザーにニーズがある。スーパーオートバックスなど、大きな店舗では、ドローン体験コーナーも設置して、専門の担当スタッフを配置している」という。

今回は、「オートバックス店舗にドローン体験コーナーがあるよ」というメッセージを込めた展示に。また、その横にはキャンパー鹿児島とコラボしたトヨタ『ハイエース』参考出品モデル。「コヨーテ風に仕立てたモデル。つや消しブラックを各所につかってミニタリー風を演出したり、随所にトライした部分がある。来場者の声を聞きながら、商品化へと結びつけたい」。

そして正面にズラッと置いた、PELICAN CASE。オートバックスは今回、新たに販売代理店契約を締結し、ペリカンケースを一部店舗で販売スタート。「米軍のツールとして誕生したのが、ペリカンケースのルーツ。その総代理店として今後プッシュしていく。こうしたツールは、クルマ好きが注目するアイテム。現在は富山の一部店舗のみでリアル販売している。今後は JACK & MARIE やネットでも積極的に売っていく」という。

《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • gearholicの世界観にとけ込むモデリスタ、あの2人もいてリアル…カートラジャパン2018 画像 gearholicの世界観にとけ込むモデリスタ、あの2人もいてリアル…カートラジャパン2018
  • エニカ、プラドとテントを展示する理由…カートラジャパン2018 画像 エニカ、プラドとテントを展示する理由…カートラジャパン2018
  • 【カートラジャパン2018】クルマとの旅は楽しい…初開催 9月28-30日 画像 【カートラジャパン2018】クルマとの旅は楽しい…初開催 9月28-30日
  • 2019ワールドカーオブザイヤー、ノミネート35車種…日本車は フォレスター など12台 画像 2019ワールドカーオブザイヤー、ノミネート35車種…日本車は フォレスター など12台

特集

おすすめのニュース