【スーパー耐久 第5戦】ST-TCRクラスは2年連続でシビックTCRが王座獲得

2018スーパー耐久第5戦
  • 2018スーパー耐久第5戦
  • 2018スーパー耐久第5戦
  • 2018スーパー耐久第5戦
  • 2018スーパー耐久第5戦
  • 2018スーパー耐久第5戦

2018年のスーパー耐久第5戦「もてぎスーパー耐久 5Hours Race」の決勝レース。ST-TCRクラスはホンダ「シビックTCR」勢が2戦連続でワンツーフィニッシュを飾り、No. 97 Modulo CIVIC TCRが第5戦終了時点でシリーズチャンピオンを決めた。

昨年からスーパー耐久に新設されたST-TCRクラスで圧倒的な強さを見せているシビックTCR陣営。今年から新型のFK8型にマシンを変更したが、そのパフォーマンスは変わることなく、特に97号車が開幕2連勝を含む4戦連続表彰台を獲得。順調にポイントを重ねていた。

現在のスーパー耐久ではウェイトハンデのシステムが導入され、今回のレースでは97号車が55kgを背負うことになったほか、直前に性能調整が入り、シビックTCRの最低重量が30kgプラスされた。予選ではライバル陣営に先行されたが、レースが始まると着実にポジションを上げ、レース中盤にはワンツー体制を築く。レース後半も危なげない走りを見せ、98号車が前回のオートポリスに続いて2連勝。97号車も重いハンデを克服し2位表彰台を獲得した。なおクラス3位にはNo. 19 BRP★Audi Mie RS3 LMSが入った。

これで合計135ポイントに伸ばした97号車が最終戦を残した状態で早くもシリーズチャンピオンが決定。昨年に引き続き『シビックTCR』が王座を獲得した。

元F1ドライバーで、このチームの牽引役でもある中野信治は「今週はトラブルが多くて、予選を終えた段階ではかなり苦しいなと感じていました。でもドライバーの皆がミスなく着実な仕事をしてくれましたし、チームも決勝に向けて良いクルマを作ってくれました。またエンジニアも一生懸命作戦を考えてくれて、本当にチーム全員がそれぞれのポジションでベストを尽くした結果だったと思います」と満面の笑みを見せていた。

《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

  • 【スーパー耐久 第5戦】ENDLESS GT-Rが今季初優勝、Y’s distraction GTNET GT-Rのチャンピオンが決定 画像 【スーパー耐久 第5戦】ENDLESS GT-Rが今季初優勝、Y’s distraction GTNET GT-Rのチャンピオンが決定
  • 【スーパー耐久 第4戦】スリーボンド日産自大GT-Rが独走で今季初優勝 画像 【スーパー耐久 第4戦】スリーボンド日産自大GT-Rが独走で今季初優勝
  • レディースシートに追加特典、キミ・ライコネン選手オリジナルポストカード F1日本GP 画像 レディースシートに追加特典、キミ・ライコネン選手オリジナルポストカード F1日本GP

特集

おすすめのニュース