1/43スケールの大人向けトミカ『ランボルギーニ・カウンタックLP500S』発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
1/43スケールのダイキャスト製ミニカー「トミカプレミアムRS ランボルギーニ カウンタック LP500S」
  • 1/43スケールのダイキャスト製ミニカー「トミカプレミアムRS ランボルギーニ カウンタック LP500S」
  • 1/43スケールのダイキャスト製ミニカー「トミカプレミアムRS ランボルギーニ カウンタック LP500S」
  • 1/43スケールの新商品「トミカプレミアム RS ランボルギーニ カウンタック LP500S」(左)と通常サイズの「タカラトミーモールオリジナル トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック LP500S」(右)のサイズ比較
タカラトミーは、1/43スケールのダイキャスト製ミニカー、『トミカプレミアムRS(アールエス) ランボルギーニカウンタックLP500S』を11月17日に発売する。価格は3500円。

同ミニカーは、トミカのハイディテールコレクションモデル「トミカプレミアム」の新シリーズ商品で、国際的なミニカーのスケール基準である1/43スケールのダイキャスト製ミニカー。一般的な1/43スケールミニカーと比較すると、観賞用としてだけではなく、“トミカらしさ”にこだわり、触って楽しめる仕様になっているのが特徴。商品サイズは通常トミカ(平均1/60スケール)より一回り大きい、長さ98mm×幅47mm×高さ24mm。

「大人が本気で遊べるトミカ」をコンセプトに、従来のトミカより一回り大きなサイズにしたことで、表現の幅が広がり、シザードア開閉、ライト展開・収納、エンジンフード開閉などの豊富なアクションが可能になった。また、トミカならではのダイキャスト素材で「手のひらで感じるずっしりとした重み」やサスペンション機能はそのままに、より進化した「トミカ」を目指している。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集