“ストリートベスト”チューニング…オートエクゼから アテンザ 改良新型用キット

自動車 ビジネス 国内マーケット
AutoExe GJ-06装着状態
  • AutoExe GJ-06装着状態
  • AutoExe GJ-06装着状態
  • AutoExe GJ-06装着状態
  • AutoExe GJ-06装着状態
  • AutoExe GJ-06
  • AutoExe GJ-06プレミアテールマフラー
  • AutoExe GJ-06エグゾーストチャンバーキット
  • AutoExe GJ-06フレッシュエアガイド
オートエクゼは、マツダ『アテンザ』改良新型(GJ)用にチューニングキットAutoExe「GJ-06」を新設し、全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店などを通じて順次発売する(14日発表)。

GJ-06は、オートエクゼの開発プログラム第6世代のモデルであり、アテンザが持つスポーツ性を引き出した“ストリートベストチューニング”を提案している。

機能面においては、車高の高いSUVなどに比べてアテンザは運動性能が高いことから、この利点を活かすために、ロールの過渡特性を磨いたサスペンションとボディ補強パーツにより、曖昧さのないハンドリングを追求した。

ストリートスポーツサスは、車高調整式、減衰力固定式で、推奨車高は標準マイナス15mm。ストラットタワーバーはスチール製1ピース構造2点式、フロアクロスバーはスチール製1ピース構造3点式、メンバーブレースセットはスチール製で、前後セット6ピース構造、2WD/4WD車に設定がある。

メーカー希望小売価格は、いずれも塗装・取付費別、消費税別で、ストリートスポーツサス・キットが16万8000円、ストラットタワーバーが2万4000円、フロアクロスバーが1万6000円、メンバーブレースセットが6万2000円。

4WD車に適合を広げたプレミアテールマフラーとエグゾーストチャンバーキット、フレッシュエアガイドを新設した吸排気系など、ボディタイプやエンジン型式を問わず幅広いグレードに対応する。

プレミアテールマフラーはテールパイプ径:110x95mmのステンレス製。エグゾーストチャンバーキットはステンレス製で、メインパイプ径は60.5mm、チャンバー径は89.1mmとなっている。

価格はプレミアテールマフラーが8万円、エグゾーストチャンバーキット6万2000円。

スタイリングパーツは、新意匠のマークレスグリル、フロントアンダースポイラー、ワゴン専用のリアルーフスポイラーを設定した。

フロントグリルはピアノブラックと艶消しブラックの2色を塗装済で設定、素材はABS樹脂。フロントアンダースポイラーはFRP製でピアノブラック塗装済み、取り付けには穴開け加工が必要。ワゴン専用のリアルーフスポイラーにはAutoExeオーナメントが付属する。素材はFRP製で、塗装と穴開け加工が必要だ。

価格はフロントグリルが6万2000円、フロントアンダースポイラーが8万2000円、リアルーフスポイラー(ワゴン専用)が5万8000円となっている。

レクサスは日本向けの新型『ES』(Lexus ES)に、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラー…
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集