メルセデスベンツ V220d、エアバッグと排ガス浄化装置に不具合 リコール

  • メルセデス・ベンツ日本は9月13日、『V220d』のSRSコントロールユニットおよび排気ガスの差圧センサに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
自動車 テクノロジー 安全
メルセデスベンツ V220d(2017年)
  • メルセデスベンツ V220d(2017年)
  • 改善箇所(SRSコントロールユニット)
  • 改善箇所(排気ガスの差圧センサ)
メルセデス・ベンツ日本は9月13日、『V220d』のSRSコントロールユニットおよび排気ガスの差圧センサに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

SRSコントロールユニットについては、プログラムが不適切なため、助手席エアバッグオフのインジケータが点灯しないことがある。そのため、助手席側エアバッグが作動しない条件下で、乗員が助手席エアバッグの非作動状態を認識できず、最悪の場合、衝突時にエアバッグが作動しないことがある。

改善措置として、全車両、SRSコントロールユニットの制御プログラムを書き換える。対象となるのは2015年5月23日から2018年4月20日に輸入された5958台。

また排気ガスの差圧センサについては、製作時のセンサ出力の公差設定が不適切なため、使用過程においてエンジンコントロールユニットが故障を検出するものがある。そのため、エンジン警告灯(MIL)が点灯し、排気ガス浄化装置(DPF)および排気ガス再循環装置(EGR)が停止して、保安基準第31条の基準に適合しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、差圧センサを良品と交換する。対象となるのは2015年8月6日から2017年3月6日に輸入された3782台。

いずれも不具合および事故は発生しておらず、ドイツ本国からの情報により発見した。

レクサスは日本向けの新型『ES』に、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用す…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集