スズキ ジムニー 新型、1か月弱で年間販売目標台数の3分の1以上

自動車 ビジネス 国内マーケット
スズキ・ジムニー新型
  • スズキ・ジムニー新型
  • スズキ・ジムニー新型
  • スズキ・ジムニー新型発表会
スズキは8月30日、2018年7月度の四輪車生産・国内販売・輸出実績(速報値)を発表した。そのうち7月5日に発表・発売された『ジムニー』の国内販売台数は5063台、『ジムニーシエラ』は650台となっている。

国内生産が3か月連続増、世界生産が19か月連続増と好調だ。国内販売は軽四輪車は4万9272台で4か月連続増、登録車は1万1192台で11か月連続増。軽四輪車は、新型『スペーシア』、新型ジムニーが増加し、前年同月実績を上回った。登録車は、新型『クロスビー』の上乗せ、新型ジムニーシエラの増加などで、7月として過去最高となった。

ジムニー新型の国内販売目標台数(年間)は1万5000台、ジムニーシエラ新型は1200台。1か月弱で年間目標のそれぞれ3分の1以上、2分の1以上の販売実績をあげた。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集