モチュール、高性能オートマオイル「ATF VI」発売へ 省燃費性能に貢献

自動車 ビジネス 国内マーケット
モチュール ATF VI
  • モチュール ATF VI
仏モチュール社製モーターオイルの日本総輸入販売元テクノイル・ジャポンは、高性能オートマチックトランスミッションフルード「ATF VI」を8月27日(予定)より発売する。

自動車の省燃費性能向上が大きな課題となっている近年、エンジンオイルだけでなくATFも低粘度化が求められている。新製品はこうした課題に対応すべく開発したスリップロックアップクラッチ対応の高性能ATFだ。

ATF VIは、通常のATFと比較して動粘度が約20%(同社比)低く、省燃費性能に貢献する。また、100%化学合成ベースの採用により酸化安定性が向上し、オイルの長寿命化に寄与。ATFの代表的な規格JASO 1Aを満たし、最新の日本車に対応するほか、GM DEXRON VI、メルセデスベンツ規格MB236.14、236.15など、OEMの最新ATF規格性能も満たし、最新の輸入車に対応する。

20リットルペール缶で価格は5万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集