スマホを活用した迅速・的確な案内、医療器具や防護装備品の拡充…東海道新幹線の新たな安全対策

鉄道 企業動向
東海道新幹線車内のグループ通話システムの概要。イヤフォンマイクを使用して通話を行なう。
  • 東海道新幹線車内のグループ通話システムの概要。イヤフォンマイクを使用して通話を行なう。
  • 業務用室に改修される喫煙ルームの箇所。
  • 新たに追加される医療器具。搭載箇所はこれまで1ヶ所だったが、今後は3ヶ所に拡大する。
JR東海は7月25日、東海道新幹線の安全確保に向けた新たな取組みを明らかにした。

それによると、8月から順次、医療器具の充実や防護装備品の搭載が図られ、医療器具は三角巾、止血パッド、ゴム手袋、油紙を追加。防護装備品では、乗務員向けに防護盾、耐刃(たいじん)手袋、耐刃ベストが、警備員向けに防護盾や刺又(さすまた)が用意される。

また、これまで女性の乗務員やパーサーに配布していた防犯スプレーを、男性の乗務員やパーサーにも配布する。

これにより、車内装備品が増えることから、年内までに順次、N700系の3・15号車に各2か所設置されている喫煙ルームのうち、各1か所を業務用室に改修する工事が全編成で実施される。

このほか、情報を共有し、迅速で的確な旅客案内を図るため、7月23日から乗務員やパーサー、指令員が使用するスマートフォンに、3人以上が同時に通話できるグループ通話システムを導入するとしている。

7月26~29日に開催される「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」のみどころは…
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース