トヨタ、テーマは「元気!! ニッポン 1960s!」…オートモビルカウンシル2018

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ2000GTスピードトライアル(レプリカ)
  • トヨタ2000GTスピードトライアル(レプリカ)
  • トヨタ7(1969年式)
  • パブリカスポーツ(1962、レプリカ)
  • トヨペット・コロナRT40型(1964)
トヨタ自動車は、「元気!! ニッポン 1960s!」をテーマに、8月3日から5日までの3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2018」に出展する。

オートモビルカウンシルは、「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマに、日本車メーカー・輸入車インポーターとヘリテージカー販売店などが出展し、往年の名車と最新モデルを一堂に展示。過去から現代に至る歴史(ヘリテージ)にスポットライトを当て、各々のブランド固有のフィロソフィ・魅力を発信し、日本の自動車文化の創生を図ることが狙いだ。トヨタは、イベントの主旨に共感し、2016年から出展している。

今年は、「トヨタ博物館 meets AUTOMOBILE COUNCIL」をスローガンに掲げ、メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛するすべての人とともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見据え、日本の自動車文化を育んでいきたいとの想いを伝える。

展示テーマは、「元気!! ニッポン 1960s!」。高度成長期の真っ只中、1960年代に誕生した様々な名車を紹介。具体的には、1966年に谷田部(現つくば市)の自動車高速試験場(現日本自動車研究所)で、いくつもの国際新記録を樹立したトヨタ「2000GTスピードトライアル」、トヨタ初の本格的プロトタイプレーシングカーで、1969年の全日本富士1000kmレースでデビューウィンしたトヨタ「7」のほか、トヨタ『パブリカスポーツ』やトヨペット『コロナ』など計6車種を展示する。

また、トヨタ博物館所蔵のポスターやカタログなども展示、日本の1960年代の雰囲気の一端を味わうことができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集