マツダコネクト、スマホ連携を強化…最新版を欧州導入へ

  • マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは7月12日、欧州向けのマツダ車に最新の「MZDコネクト」を導入すると発表した。
自動車 テクノロジー ネット
マツダコネクト、スマホ連携を強化…最新版を欧州導入へ
  • マツダコネクト、スマホ連携を強化…最新版を欧州導入へ
マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは7月12日、欧州向けのマツダ車に最新の「MZDコネクト」を導入すると発表した。

マツダは日本、米国、カナダ、メキシコで、車載コネクティビティの「マツダコネクト」を展開。欧州など、その他の市場でのマツダコネクトの名称が、MZDコネクトとなる。

最新のMZDコネクトでは、MZDコネクトマルチメディアシステム搭載車において、スマートフォンコントロール機能が強化されるのが特徴。

これにより、iPhoneユーザーは、Appleの「CarPlay」との連携が可能に。走行中でも安全にSiriまたはMZDコネクトシステムを通じて、Apple CarPlayとの連携を実現。電話をかけたり、メッセージを送信したりすることができる。

また、USBポート経由でMZDコネクトに接続されたApple CarPlayは、マツダのHMIコマンダースイッチとセンターコンソールのタッチスクリーンで操作可能。同様にMZDコネクトに接続されているグーグルのAndroid Autoは、コマンダースイッチだけで制御できる。

なお、マツダモーターヨーロッパは、ハードとソフトウェアを含むアップデートが2018年8月6日から利用可能になる、としている。

実は、初代NA系ロードスター乗りから広く知られているキスモ。マツダのユーノスロー…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集