ハーレー乗りが好んで「H-D」アパレルに身を包む理由

モーターサイクル エンタメ・イベント
ハーレーダビッドソンモータークローズ
  • ハーレーダビッドソンモータークローズ
  • ハーレーダビッドソンジャパン2018 アパレル展示会
  • ハーレーダビッドソンジャパン2018 アパレル展示会
  • ハーレーダビッドソンモータークローズ
  • ハーレーダビッドソンジャパン2018 アパレル展示会
  • ハーレーダビッドソンジャパン2018 アパレル展示会
  • ハーレーダビッドソンジャパン2018 アパレル展示会
  • ハーレーダビッドソンジャパン2018 アパレル展示会
ハーレーに乗っているライダーは、ウェアなど見に付けているものにもハーレーダビッドソン(H-D)のロゴがどこかに入っていることが多い。オーナーはバイクだけでなく、ハーレーダビッドソンというブランドも好きなのだろうと想像がつく。

実際、ハーレーのディーラーに足を運んでも、アパレルやグッズがとても充実しているから納得がいく。アパレル担当は女性スタッフであることも多く、まるでブティックのような雰囲気。そんなムードだから、たとえバイクを買わなくてもTシャツを手にしてみたり、アクセサリーを眺めてみたりして、店へ気軽に行けるようになっているのだ。


ハーレーダビッドソンが創業したのは115年も前、1903年アメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーでのこと。そして、バイクだけでなく早くからアパレル用品もリリースし、1912年にはもうモータークローズ部門を設立しているから驚く。1920年には、初のレザージャケットを発売。ずっと昔から、バイクとファッションの両面からライフスタイルを提案してきたのだ。

ハーレーダビッドソンジャパン(本社:東京都新宿区)ではアパレル展示会を開催し、マスコミやファッション業界、モデルらを集めた。

そこで披露したのは「GARAGE」「GENUINE MOTORCLOTHES」「1903」といった既存のラインと、アーバンスタイルを提案する新たなコレクション「H-D MOTO」。「GARAGE」は武骨でガス&オイルの香り漂うもの、「GENUINE MOTORCLOTHES」は伝統を感じるシリーズ、そして「1903」にはクラフトマンシップが宿っている。「H-D MOTO」は、モダンクラシックで洗練された上級カジュアルとした。


大排気量バイクの代名詞でもあるハーレーのイメージから、重厚なレザージャケットなどのイメージを抱くかもしれないが、普段着として街でも着られそうなカジュアルなシリーズもたくさんある。

女性ライダーにも人気が高く、レディースやジュニア用も豊富。自由な発想でコーディネートが楽しめそうだから、それが人気の秘訣か。ハーレーに乗らないときも、ハーレー乗りたちはその世界観を楽しんでいるのだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集