鈴鹿サーキット、F1やルマンで使用しているライトパネルとインフォメーションパネルを日本初導入

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ライトパネル レッドフラッグサインイメージ
  • ライトパネル レッドフラッグサインイメージ
  • ライトパネル セーフティカーサインイメージ
鈴鹿サーキットは6月29日、F1で使用されているEM MOTORSPORT社のライトパネルおよびインフォメーションパネルを国際レーシングコースに日本初導入すると発表した。

鈴鹿サーキットでは、8月26日に初開催する「鈴鹿10時間耐久レース」に向け、着々と準備を進めており、今回のライトパネルとインフォメーションパネルの導入は、同レースおよび10月7日に開催する「F1日本グランプリ」等のレースを安全に運用することが目的だ。

これらのパネルは、「F1アブダビグランプリ」を開催するヤスマリーナサーキットや、ル・マン24時間レースを開催するサルテサーキットで使用しているものと同規格のもの。最大光度はライトパネルが7万5000カンデラ/平米、インフォメーションパネルが8000カンデラ/平米。

鈴鹿サーキットはライトパネルをオブザベーションポスト周辺に29台、インフォメーションパネルをスタートシグナル横に1台、併せて30台設置し、6月29日から運用を開始する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集