【F1 カナダGP】フリー走行を制したのはレッドブルのフェルスタッペン

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
F1グランプリ第7戦、カナダGPの舞台はモントリオールのジル・ビルヌーブサーキット。8日に行われたフリー走行はレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

今シーズン、良くても2番手に甘んじていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がカナダでは絶好調。フリー走行1回目でトップタイムをマークすると、フリー走行2回目では序盤こそルイス・ハミルトン(メルセデス)、キミ・ライコネン(フェラーリ)らに先行されるも、残り40分で1分12秒198を記録してトップに浮上。そのままフリー走行2回目も制した。2番手は0.13秒差でライコネン。マシンの修復でほとんど走れなかったダニエル・リカルド(レッドブル)が残り4分で3番手タイムを記録した。

ハミルトンは終盤にタイムを更新せず4番手。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が5番手、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が6番手と、チャンピオン争いをする3チームがトップ6を独占した。トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが12番手。ピエール・ガスリーはフリー走行1回目で10番手タイムを記録したが、フリー走行2回目は18番手だった。

F1カナダGP フリー走行2回目結果
1. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分12秒198
2. キミ・ライコネン(フェラーリ)/1分12秒328
3. ダニエル・リカルド(レッドブル)/1分12秒603
4. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分12秒777
5. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分12秒985
6. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分13秒061
7. ロマン・グロージャン(ハース)/1分13秒620
8. エステバン・オコン(フォースインディア)/1分13秒747
9. セルジオ・ペレス(フォースインディア)/1分13秒754
10. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)/1分13秒866
11. シャルル・ルクレール(ザウバー)/1分13秒884
12. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)/1分13秒889
13. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分13秒956
14. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分13秒967
15. マーカス・エリクソン(ザウバー)/1分14秒108
16. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)/1分14秒167
17. カルロス・サインツ(ルノー)/1分14秒433
18. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分14秒486
19. ランス・ストロール(ウィリアムズ)/1分14秒703
20. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)/1分14秒782
《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

特集