三菱自、タイで電動車の製造へ向け「第一歩」表明…500万台達成式典で

自動車 ビジネス 海外マーケット

三菱自動車タイランドが累計生産500万台を達成。電動車の製造へ向け「第一歩」を表明
  • 三菱自動車タイランドが累計生産500万台を達成。電動車の製造へ向け「第一歩」を表明
  • ミツビシモーターズタイランドの累計生産500万台達成記念式典
  • 三菱パジェロスポーツ
  • 三菱 トライトン 新型
  • アウトランダーPHEV(アジアクロスカントリーラリー15)
三菱自動車工業のタイ現地法人、Mitsubishi Motors(Thailand )Co.,LTD=三菱自動車タイランド(MMTh)が累計生産台数500万台を達成、6月4日に記念式典が開催された。

三菱のタイへの進出は1961年と半世紀以上も前にさかのぼる。最初は卸売り会社の設立から始まり、1964年には組立会社を設立、1987年にはミツビシ・モーターズ・タイランドを設立し、累計生産台数100万台を達成した。その後は工場を増設するなどし、加速度的に生産台数を増やし今年、2018年に累計生産台数500万台を達成した。

記念式典には日本からは三菱自動車工業CEOの益子修氏が列席。タイからはソムキット副首相、ヒランヤー首相府省副大臣などが列席した。

式典でのスピーチで益子修CEOはタイへの感謝の意を述べるとともに、タイ政府がすすめる技術革新、先進的なクリーン・エネルギー、研究開発、創造性を促進する「タイランド4.0」というインセンティブ政策に賛同。電動化車両を製造することを前提とした申請を行うことを発表した。

三菱自動車は約10年前からタイ政府、エネルギー企業と協力して電気自動車のインフラ開発に取り組むなど、来たるべき電動化社会に向かっての準備を行ってきた。また、2013年から2015年にかけては、タイをメインステージに行われるアジアクロスカントリーラリーに『アウトランダーPHEV』で参戦。全戦で完走を果たし、電動車両の可能性と耐久性を証明してきた。

自動車産業が盛んで、東洋のデトロイトとまで言われるタイでの電動化は、もう目の前まで来ている。この地でも、三菱が長きにわたって行ってきた電動車両のノウハウはきっと生かされることだろう。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集