アストンマーティンの世界販売が20%減、DB11 は生産能力を超える受注 2018年第1四半期

自動車 ビジネス 海外マーケット
アストンマーティン DB11
  • アストンマーティン DB11
  • ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテ
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート スピードスター
アストンマーティンは5月19日、2018年第1四半期(1~3月)の世界新車販売台数の結果を発表した。総販売台数は963台。前年同期に対して、20%減と落ち込む。

新車販売が落ち込んだのは、ニューモデルの導入を控えて、生産ラインの切り替えを行った影響。『DB11ヴォランテ』、新型『ヴァンテージ』、『ヴァンキッシュ』後継車などが、これらのニューモデルにあたる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集