ZMP、自動運転技術の適用支援サービスなどを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 テクノロジー 安全
支援サービス提供イメージ
  • 支援サービス提供イメージ
  • 車両前後の計測にも活用可能RoboVision2s(2個)、セット用PC、SSD(2TB)接続時
  • 最新ステレオカメラシステムRoboVision3
  • キャリロデリバリー
  • 公道走行データ取得サービス計測車両
ZMPは、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に、自動運転関連の各種新製品やサービスを出展する。

ZMPでは、自動運転技術を使った走行シナリオの実現や、物体検出や白線検出などのセンシング技術を使った注意喚起装置など、自動運転技術を適用した開発や研究、実証実験などの支援サービスを新たに提供している。今回、同社ブースでは、新しいモビリティサービスの実証実験や、農機・建機の安全機能開発など、新たな事例を含めて、自動運転技術の適用支援サービスを紹介する。

また、走行データ計測サービス「RoboTest」の事例と新サービスを紹介。今回、走行データ取得に必要なシステムの設計や構築、車両の手配と機材の設置・改造、および取得後のデータ処理に加え、新サービスとしてZMPが保有する走行データを販売し、安価に短期間でデータが提供できる取り組みを紹介する。

さらに、最大150m、水平100°のセンシングが可能なステレオカメラ「RoboVision 3」を初出展する。RoboVision3は最新のソニー製車載向け高感度イメージセンサ「IMX390」を採用。画像はHDRとLED信号のフリッカー抑制の同時処理が可能で、ADAS・自動運転の技術開発で重要な認識や判断機能の大幅な向上が期待できる。今回、実機の展示と走行試験にて計測したイメージを紹介する。

そのほか、長時間録画機能を追加したステレオカメラユニット「RoboVision2s」や宅配ロボット「CarriRo Delivery」などを出展する。

ブリヂストンは、同社が技術支援するパラアスリートの一人である、パラトライアスロンの秦由加子選手がラン…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集