スズキ、HUD搭載の スペーシア 新型など展示予定…人とくるまのテクノロジー2018

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

スズキ ブースイメージ
  • スズキ ブースイメージ
スズキは、5月23日から25日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展。四輪車・二輪車・船外機の最新商品や技術を展示する。

四輪車では、軽乗用車 新型『スペーシア』を展示。軽自動車初採用となった後退時の衝突被害を軽減する「後退時ブレーキサポート」や、フロントガラスに進入禁止の道路標識や車速、シフトポジションなどをカラー表示するヘッドアップディスプレイといった最新技術を紹介する。

また、新型『スイフトスポーツ』に搭載した1.4リットル直噴ターボエンジンのカットモデルを展示。エンジン内部の動きをAR(拡張現実)技術を活用した360度のコンピューターグラフィックスで紹介する。さらに、環境負荷低減、軽量化に貢献する無塗装材着部品として、インパネカラーパネルなど樹脂材料をはじめ、同社製品の内外装に採用された無塗装材着部品を展示する。

また二輪車では、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R」シリーズの技術を投入した原付二種スポーツバイク、新型『GSX-R125 ABS』を展示。高い動力性能と、街乗りからワインディングまで、あらゆるシーンにおいて走る楽しさを提供する。

船外機では、新型『DF350A』のカットモデルを展示。高圧縮比の4ストロークV型6気筒エンジンに、スズキ船外機初の二重反転プロペラ「スズキデュアルプロップシステム」を採用し、高い加速性能と直進安定性を実現する。

この他、主催者企画の試乗会に新型スイフトスポーツを提供する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集