BMW M5 新型に最強の「コンペティション」…625hpに強化

自動車 ニューモデル 新型車
新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
  • 新型BMW M5コンペティション
BMWは5月9日、新型『M5』のさらなる高性能モデル、「M5コンペティション」を発表した。

M5コンペティションには、最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボの強化版を搭載。最大出力は625hp/6000~6700rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5800rpm。ベース車両の新型M5に対して、最大トルクは変わらないものの、最大出力は25hp引き上げられ、歴代M5で最強のスペックを獲得する。

トランスミッションは8速の「Mステップトロニック」。駆動方式は、4WDの「M xDrive」。通常状態では、FRを基本にしながら、路面状況や走行状態に応じて、4WDに変化する。このM xDriveはDSCをオフにした場合、走行モードは4WD、4WDスポーツ、2WDの3種類が選択可能。後輪には、アクティブMディファレンシャルが組み込まれた。

新型M5コンペティションの動力性能は、0~100km/h加速が3.3秒と、新型M5の3.4秒に対して、0.1秒短縮。最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションのMドライバーパッケージでは、最高速を305km/hに引き上げることも可能。

外観は、キドニーグリルやドアミラーをブラック仕上げとし、20インチの専用ホイールを装着する。ブラック仕上げの専用スポーツエグゾーストも採用。サスペンションは専用チューンとなり、車高が若干引き下げられている。

移動ロスを極力短く、有益な時間を創出したいという理念が社名に込められているそうだ。同社は1998年に世界初…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集