モリタ、普通免許対応の小型消防ポンプ車など出展へ…東京国際消防防災展2018

自動車 ビジネス 国内マーケット

モリタ 普通免許対応 車両重量3.5トン未満 CD-1型消防ポンプ自動車 ミラクル Light
  • モリタ 普通免許対応 車両重量3.5トン未満 CD-1型消防ポンプ自動車 ミラクル Light
  • モリタ 多目的消防ポンプ自動車 MVF21(MORITA VARIOUS FIGHTER 21)
モリタは、「普通免許対応 車両重量3.5トン未満 CD-1型消防ポンプ自動車『ミラクルLight』」と「多目的消防ポンプ自動車『MVF21』(MORITA VARIOUS FIGHTER 21)」を開発。5月31日から6月3日まで東京ビッグサイトで開催される「東京国際消防防災展2018」に出展する。

CD-1型とは、いすゞ『エルフ』やトヨタ『ダイナ』など、3トントラックシャーシをベースとしたポンプ車。小型の車体ながらA-2級(毎分2000リットル)のポンプ、はしご、ホースカーなどを備え、全国の消防団で数多く活躍している。しかし、昨年3月の改正道路交通法の施行により、普通免許で運転できる消防ポンプ自動車は、従来の総重量5トン未満から3.5トン未満に引き下げられたため、現行モデルは運転できなくなった。

今回開発したミラクルLightは、改正後の普通免許でも運転ができる国内初・国内唯一のCD-1型消防ポンプ自動車。小型でスマートなデザインながらA-2級ポンプ性能を実現、収納スペースも確保した。また、使い勝手も良く、消防操法大会にも使用でき、全国の消防団員にも愛用してもらえる車両に仕上がっている。

一方、MVF21は消火、救助、資機材収納という様々な役割を果たす多目的消防ポンプ自動車。少量の水で消火活動ができる「CAFS(圧縮空気泡消火装置)」や900リットルの水槽を搭載するほか、余裕の収納スペースも確保。国内初となる最大400kg対応のバスケットで、多様化する火災現場での消火、救助活動に応える多目的な消防ポンプ自動車となっている。

モリタ、普通免許対応の消防車など新製品10車種を発表…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集