「アバターテレポーテーション」を導入、自動運転バスの案内に

自動車 テクノロジー ネット

「アバターテレポーテーション技術」のイメージ図
  • 「アバターテレポーテーション技術」のイメージ図
ソフトバンクグループのSBドライブは、5月8日から10日に行われる福岡空港(福岡市博多区)での自動運転バスのデモンストレーションに協力すると発表した。

今回のデモンストレーションでは、SpiralMindの「アバターテレポーテーション」技術を活用する。「アバターテレポーテーション」は実際の人の目や鼻、口をカメラで検出し、それらの動きを、遠隔地のディスプレー上に表示されたキャラクターの表情にリアルタイムで反映することができる技術。

このSpiralMindの技術とSBドライブが開発中の遠隔運行管理システム「ディスパッチャー」を連携、遠隔地にいる運行監視者が自動運転バス内のディスプレーに表示されたキャラクターを通して車内アナウンスを行う。

デモンストレーション走行は、最先端のITS技術やサービスを紹介する「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」の一環で行われる。福岡空港の国際線ターミナルと国内線ターミナル間をつなぐ連絡バスの一部走行区間を小型バスが自動運転レベル3(システムの要請に応じて手動運転)で走行する。SBドライブはデモンストレーションの企画・運営を担当する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集