三菱 エクリプスクロス、中国仕様はアプリの音声操作が可能…北京モーターショー2018

三菱自動車の中国法人は、中国で開催中の北京モーターショー2018において、新型SUVの『エクリプスクロス』の中国仕様車を初公開した。

自動車 ニューモデル モーターショー
三菱 エクリプス クロス(北京モーターショー2018)
  • 三菱 エクリプス クロス(北京モーターショー2018)
  • 三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
三菱自動車の中国法人は、中国で開催中の北京モーターショー2018において、新型SUVの『エクリプスクロス』の中国仕様車を初公開した。

新型コンパクトSUVのエクリプスクロスは、三菱のグローバルSUVとして開発された。日本をはじめ、欧州や米国、オーストラリアなど、世界およそ80か国に順次投入される。

エクリプスクロスには、ダウンサイズの直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボを設定。三菱によると、トルクは自然吸気の2.4リットルエンジンよりも大きいという。

北京モーターショー2018では、エクリプスクロスの中国仕様車が初公開。中国仕様車では、8インチの薄型ディスプレイを採用するナビゲーションシステムを搭載。中国の大手IT企業、百度(バイドゥ)の「Car Life」に対応する。Car Lifeでは、スマートフォンと接続するだけで、地図や音楽などのアプリを音声で操作することが可能になる、としている。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集